スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/17 犬 眼球傷 ぶどう膜炎 白内障 緑内障

眼の角膜が、ごっぽりはがれて、瞳がくぼんでいる状態のララ。
瞬膜を閉じる手術をしてもらって、一ヶ月、あけたころには、随分角膜が生えて?きた。あけてすぐは、何もなかったのに、四日ほどすると瞳の中に星がある。本当に、おちょう婦人のアレみたいなやつが。


近所の動物病院じゃもう、わからんと言われ、
行ってきました、トライアングル動物病院


後楽園から徒歩10分くらいのとこにあるので、相方と電車で、向かう。9時45分の予約だったので、ラッシュに巻き込まれず、わりと余裕で電車にのることができた。

動物の眼科はめずらしいみたい。TVとかにも出ている病院なんだって。
院長先生はいなかったけど、若い先生が、検査してくれた。



眼科の先生いわく、白内障を併発してて、眼のなかの繊維が白くにごってみえているのだろうと。


眼のエコー!!を取ってもらったら、虹彩(きゅうっとちぢむやつ)とが、角膜と、水晶体(まるいがらすみたいなの)の両方に癒着していて、水晶体が変形してしまってるらしい。虹彩が前癒着(前にある角膜に癒着していること)するのはよくあるけど、ララみたいに、後癒着(後ろの水晶体にくっついた)と前癒、後癒着、両方併発するのは珍しいみたい。



画像 754
こっちが、正常な眼のエコー



画像 752
こっちが、左目。水晶体がゆがんでくっついてるのがわかる。


前も後ろもくっついちゃって、おまけに、水晶体にも傷がいっているらしい。ネコちゃんの爪でひっかかれて、水晶体まで傷がいってしまうのはあるけど、犬同士の喧嘩では、やっぱり珍しいらしい。ぶどう膜炎になってないので、中身はもれてはないみたい。

ララのこれから、なるカモしれない病気は、ぶとう膜炎と、緑内障。(近所の病院で言われた病名)どっちも、すごく痛いらしい。

水晶体は固めの透明な水風船みたいなものなんだけど、水晶体の中に入っている水は、眼にとってはものすごい異物なんだとか。だから、水晶体の膜が破れると、眼が反応して、腫れてぶどう膜炎になる。


眼は眼房水って水が一定で出て行って、入ってくるから一定の固さを保っているんだって、ララは眼の一部が癒着して、傷がついているから、その眼房水の出入りがうまくいかなくなって炎症を起こすと緑内障になる。


眼科では、白内障(眼が白くにごる)と網膜剥離(水晶体をとおってきた映像がうつしだされるスクリーン<網膜>が眼のうしろからはがれること)が追加された。


手術であけてみないとほんとに、なんとも言えないし、珍しいケースだから余計わからないみたい。


できる手術は、白内障の手術。


角膜に三ミリ、奥の方の強膜に一ミリが二つで、合計三つの穴をあけて、水晶体の中の液体を取り除いて(ぶどう膜炎を予防)人口のコンタクト?を入れるのだそうだ。でも、癒着がはずれるかわからないし、水晶体が変形しているから、そんな手術ができるかどうかもわからないらしい。で、手術代は40万。白内障手術が35万で、プラスアルファ(癒着ぐあいにもよるらしい)使った器具代とかがはいるんだって。

手術後も、緑内障と網膜剥離は起きる可能性はなくならない。


眼に穴があいて、瞬膜(内まぶたみたいなの)を縫って眼帯がわりにしたときも、ララはものすごく弱って、いたいたしかったのに、また、穴をあけるのは、ちょっと、抵抗がある。穴は縫うので問題ないと先生は言ってたけど。でも、やっぱり、犬は弱るだろうな。


手術台は4~50万円。予想はしてたもののさすがに高い。
手術してララの眼が治るなら、もちろんしてもらうけど。そうでもないみたい。


手術で、ぶどう膜炎の可能性は低められたけど、網膜剥離の可能性が出てきたと思うのは、私が素人だからかな。近所の医者に聞いてみよう。


結局、手術して、ぶどう膜炎、白内障、緑内障、網膜剥離のうち、クリアできそうなのはぶどう膜炎だけ。癒着がひどいと、目に穴だけ開けて、何もせずに閉じちゃうこともあるだろうし。

怪我して、一ヶ月たって、病状がおちついているので、ぜがひでも手術したほうがいいとも言えないと先生も言ってたので、飼い主もどうしていいかわからない。

治るなら、もちろん、手術してもらうけど、、、、。



痛い可能性を取り除いてやりたいのに、なかなかうまくいかない。


診察料、薬代、検査代こみで、三万円弱。
抗炎症剤目薬と、瞳孔を開く目薬(癒着がとれればいいな的な淡い期待をこめて)をもらった。角膜をつくってくヒアレイン(ヒアルロンサンの濃いの)は近所の病院でもらったやつを続けることに。



検査して、どうにも、わからんということが、わかった。


うん。しょうがないね。動物だし、犬がちょっとでも、自分でひっかいちゃったら、ひどくなるしな。


今のとこ、本犬が、元気になってきたのが喜ばしいわ。
このまま、ぶどうにも、みどりにも、剥離にも、ならへんかったらいいのに。


抜糸したララ様。

画像 586


画像 587


画像 588


ずっと洗えなくて、近所の医者のオッケーもでたので、水のいらないムースタイプのシャンプーで洗って差し上げる。かわいい。
画像 591


画像 592


画像 593

ハビバドンドン。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

ララ カチハ

Author:ララ カチハ
ぽめ、4匹と、人間2匹の
すちゃらかな生活。駄文を
読んでくれてアリカトウ(´;ω;`)ウッ
犬の名前は上から、
ハッピー(父犬10歳)
ティティ(妹1歳)
ララァ (姉1歳半)
チムニー(母犬3歳)です。




アフィリエイト・SEO対策












最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。